Please reload

Recent Posts

「美味しい」と言う事。

July 22, 2015

私はあるときから

あえて「美味しい」と

素直に言うようにしています。

 

ジャーナリストだから

「美味しい」と言わない。

そんな風に決めていた

長い長い期間がありました。

 

でもね。

人って美味しいって感じたら

そういいたいでしょ?

だって子どもの頃からいってきたでしょ?

 

「美味しい」は純粋な言葉。

頭で考えた言葉ではない。

 

食べ物が幸せをくれたときの

感動をくれたときの

素直な言葉です。

 

 

ある取材のとき

あまりにも美味しくて

頭が働かなくなって

思わず口をついて「美味しい」

と言ってしまったとき

周囲の方が見たこともないような

満面の笑顔になっていました。

 

心をこめた「美味しい」は

人の心に届くのです。

 

「美味しい」は幸せな言葉。

みんなに分かる言葉。

 

言うと気持ちいいし

言われた方も幸せになる。

 

テレビの視聴者の皆さんも

「美味しい」という共通語で

まずは一瞬で何を伝えたいかが

わかる。

 

美味しい理由の説明は

後付けでもいい。

 

まずは素直な

感動が入った一言が

一番伝わるのだと

実感することがその後も続きました。

 

もちろん

専門誌では分析が必要ですし

審査ならば「美味しい」では話にならない。

私ももちろんショコラの審査や

分析や解説が必要な場で

「美味しい」だけで終わる事はありません。

 

ただ

私は幅広く、多くの方に

ショコラの魅力をわかりやすく伝えたい。

ショコラがくれる幸せを伝えたい。

 

それなら

頭を使って考えた時の言葉ではなく

純粋に感覚にくる言葉も第一に。

ショコラは幸せをくれるものです。

 

だって思い出してみて下さい。

人を好きになったとき

本当に好きな人だったら理由が

一言で言えないでしょう?

 

まずはあの人が大好き。

 

好きは感覚です。

誰かと比較してどうこう、とかではない。

私は本当に好きな人ほど

(物でも場所でもなんでも)

理由を明確に言葉にできませんでした。

 

ごちゃごちゃまどろっこしく言われるより

いいから「大好き」って

言って欲しいって思った事がある方

いらっしゃるでしょう?(笑)

 

美味しい、も好き、も同じ。

感覚を大切にした楽しい言葉です。

 

そして。

分析はリラックスしてできません。

リラックスしていない時は

交感神経が活発になっている為

胃腸の働きも悪いのです。

 

美味しい、という感覚はリラックス。

副交感神経が活発に動くので

胃腸の働きがよく

食べるという行為にふさわしい状態。

体にもよいのです。

 

 

私は感覚をやっぱり大事にしたい。

 

 

こういうことを

書いているととても長くなりますが

実はもう少し

この事について仮説があるので

明確に調べたいと思っている事もあります。

 

こうしたい、ああしたい、

これはいいね、という

一瞬にして感覚にくるものを大切にすることが

美しいもの、よいものを

より感じられるのではないでしょうか。

 

そんなことを

日々ショコラを通じて

美味しいものを通じて

考えています。

 

 

 

 

Please reload

NEWS

市川歩美が最新コンセプトのクリスマスケーキをプロデュース!(ナチュラルローソン)

「自分へのご褒美」をテーマにサイズも味もヴィジュアルも表現。今の時代と気分に寄り添いました。美味しさは市川のお墨付きです。

BBC NEWS -Valentine's Day: Japan falling out of love with 'obligation chocolates'

BBC(英)から取材を受けchocolate journalist Ayumi Ichikawa としてコメントしています。

「はたらいて、笑おう。」市川歩美インタビュー

Persolグループさまからご取材いただいた市川のインタビュー記事です。

サロン・デュ・ショコラ公式サイト「チョコレートの用語集」

内容の制作をさせていただいております。是非ご覧ください。

Please reload

  • Instagram - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
Ayumi Ichikawa 

 Chocolat coordinator
 Chocolate journalist

   Tokyo  JAPAN

 

© 2014

by Ayumi Ichikawa