​MORE ABOUT AYUMI です。ご一読を。私の経歴・清志郎さんのことなどを書きました。

MORE
ABOUT
​AYUMI

*私の仕事について

 

これだけ毎日チョコレート周りで動いていても、同じだけ同じことをし続けている人に出会ったことも、聞いたこともありません。海外のシェフにもめずらしがられますので、チョコを伝えることに特化した仕事をするなんて、世界でもそうはいないのかも。

 

私は、放送局出身で、先輩方から多くを学びました。若い頃の私に、根気良くつきあってくださった、聡明な先輩方や同僚、友人のおかげで、今があります。そうして身につけた情報発信の基本を、社会に生かす、チョコレートの分野で生かす。魅力と情報を「伝える」ことは、たとえ小さすぎても微力でも、私のミッションだと思っています。

放送局での長い基盤、並ぶベースは、5才からの筋金入のチョコレート愛好家。私は論理的なタイプでもありますが、同時にとても感覚的なので、味が第一、次にパッケージやリボンの美しさや、統一感、お店の気配や作り手の方の姿勢や想いまでを汲みます。
 

*私の情報の向こう側

私が、実際に向きあい、体験、検証して、これはと感じたものだけを情報発信させていただくので、実は私が書いたり話したりする向こうに、少なく見積もっても10倍以上の情報と作業があります。

もてなされて舞い上がってしまった結果が垣間見えるような記事は、私が書く役割ではないと思っていますし、有名でなくても、誰も何もいってなくても、できるだけ検証して私がこれは、と認識したなら、そのように伝えたい。逆にどんなにどこかで良い、と書かれていても、私が違うと知れば、やはりそこには触れません。畏れ多くもジャーナリスト、といわせていただいている限りは、ポジティブな情報がメインとはいえ、実はすべての私の発信に理由があります。

 

うれしいのは、私の仕事を理解し、ご依頼・ご協力くださる方が年々増えていることです。楽しいこともたくさん。信頼できる大好きな方々がいます。私は表にもでますが、裏方の仕事も多く、そもそも元ディレクターなので、裏方としてみんなでああだこうだ考えたり、戦略をたてたり、演出するのが一番好きで得意なのです。実際のところ、どこにも書きませんが、多くの魅力ある、楽しい関係者のみなさんと出かけたり、爆笑したりしてることが、しょっちゅうです。

 

*チョコレートが食べ物であることについて

チョコレートを食べない日は、ほぼありませんが、偏愛・依存はしていません。チョコホリック、という言葉は、アルカホリックを思い起こさせる、あまりよいワードではないと個人的には思っています。

チョコレートは食べ物で、私たちは口にするもので命を維持する、人間です。いくら好きでも食べすぎは、体によくありません。私は多くのチョコレートを試食しますが、バランスよくいろいろなものを食べますし、定期的に体の状態をチェックしています。仕事ですから、健康が最優先。自己管理なしに、この仕事はできないと思います。

 

 

*経歴

「銀座百点」2021年2月号にエッセイを書かせていただきましたので、お読みくださった方もいるかもしれません。

私は、5才からチョコ好きの筋金入りです。好きになった理由はよくわかりません。とにかく好きなのです。大正生まれの寡黙だった祖父が、いつも小さな私にチョコレートを買ってくれたから、こうなったのかもしれません。私は祖父のやさしい笑顔が好きでした。この仕事はきっと、亡くなった祖父が、チョコにずっと会えるよう、私にくれたプレゼントです。

 

大学卒業後、忌野清志郎さんに会って一緒に仕事をしたい、という理由メインで受けた民間放送局に運良く入社し(就職試験ではそんなこと決していいませんでしたが)、のちにNHKでもラジオディレクターとして番組の開発・企画・制作をしていました。その本業の合間に、2003年からペンネームでブログを書きはじめたのが、私がプロのチョコレートのジャーナリスト・コーディネーターになったきっかけです。

 

私が、本格的な愛好家となった1990年代は、まだ誰もジャン=ポール・エヴァンやラ・メゾン・デュ・ショコラを知りませんでした。ヨーロッパのショコラをなんとか現地から調達しようと、パリへ行く友人に頼んだり、リヨンに行く仕事仲間にお願いしたり。そんな時代を経験している私は、いま、日本でこうして世界中のチョコレートに簡単にアクセスできることが、未だに夢のようです。

 

*忌野清志郎さんのこと
 

忌野清志郎さんは、子どもの頃からのスーパースターです。単にファンという次元じゃないのに、と理屈じゃないもどかしさを感じていて、どうしても清志郎さんに会って、仕事をするんだと中学のころから考えていました。まわりからは、ちょっとこの子どうかしちゃってるのかも、と思われてたに違いないです。笑
夢が叶って、ディレクター時代に、清志郎さんが初めて私の番組にゲスト出演してくださったときのことは、忘れられません。私は、うれしすぎてなんとか震えずに足で立って、スタジオで普通の顔をして仕事するのに必死でした。その後、何度も私の番組に来てくださって、何度一緒に番組をつくっても、お話しても、お会いしてもお会いしてもいつまでも会いたい、永遠の芸術のような方でした。

 

*好きなあれこれ

好きなアーティスト:
忌野清志郎さん、岡本太郎さん、大林宣彦さん、JIMI Hendrix、最近だと崎山蒼志さんなど。アーティストさんに限らず、好きな方は、まだまだ身近にも大勢……。日々、勉強させていただいています。
 

好きなたべもの:
日本の家庭料理が好きです。よくこなれた料理がいいです。実は自分で作る料理が一番好き。いわゆる高級レストランも好きですが、数年前から素敵な方々と時折、がちょうどいいレベルになりました。かつてもう随分と出かけたので、だいたいのイメージをつかみ、気持ちがおさまったのかもしれません。シャンパーニュが大好き、でしたがお酒は最近いただきません。他に食用ほおずき、キャロットケーキ、ブルーベリーマフィン、アボカド、ブリトー、イチゴなど。甘すぎるものは苦手。

 

好きな場所:
Tokyoが一番好きです。麻布、広尾、青山、六本木、私が拠点とするエリアが特に好き。あとは、放送局のスタジオは、ふるさとのよう。本当に、心から癒されてじーんと幸せです。NHKの食堂にいると、自然な自分でいる気がします。美術館も好きです。グッゲンハイム美術館は、ビルバオもNYも行きました。書道も好き。

 

好きなこと:
お笑いが大好き!!モダンアート、ファッション、音楽、心理学、実は興味の幅が、かなりひろいです。センス・価値観のあう方と話す時間、心理学等の勉強、読書、海外や地方を一人で歩くことなども。

市川歩美

チョコレートジャーナル
東洋経済オンライン
marie claire
おとりよせネット
ハフポスト